婚約指輪と結婚指輪が一緒になっている指輪

カテゴリー: 未分類

身につけやすい

プロポーズの時に婚約指輪をもらい、結婚してからは約指輪がタンスの中に眠ってしまっている人はとても多いです。その理由として挙げられるのが、婚約指輪は華やかすぎて身につけるときがない、もったいないから身につけられないという声が多いです。婚約指輪は高いものというイメージがとても強いです。それは一粒ダイヤを使用しているためです。婚約指輪にふさわしい質の高いダイヤが使用されているため、高価になってしまいます。また一粒ダイヤがとても目立つため普段使用にはしにくいのではないでしょうか。

 

そこで最近では身につけやすいという点から婚約指輪と結婚指がセットリングとなっていることが多いです。セットリングは婚約指輪と結婚指輪を重ね付けして身につけることが前提でデザインしています。そのため婚約指輪の一粒ダイヤと結婚指輪が自然と一つの指輪のように見えるように仕上がっています。どちらかが目立ちすぎることもないため、普段よりも少し華やかにしたいときや友達とおしゃれしてお出かけするときに婚約指輪だけ付け足して身につけることができます。婚約指輪だけ浮いてしまうこともなく、自然な華やかさが出るためおすすめです。婚約指輪を選びながら一緒に結婚指輪も選ぶ人が多く、よりセットリングで身につけるイメージもしやすいです。

16年10月4日     0 Comments

セットリングの需要

結婚指輪は必ず用意するというカップルが多いですが、婚約指輪は約半数の人しか用意していません。その理由として挙げられているのが、婚約指輪は使用している期間が短いだけでなく、結婚指輪よりも高価なものになるため、余計に躊躇してしまう人が多いです。婚約指輪よりも結婚指輪に予算を使おうと考える人もいますが、婚約指輪は女性にとって特別なものです。婚約指輪をもらわない人もいる中で、多少の無理をしてでも婚約指輪を用意してくれたという気持ちが女性としてはうれしく感じるでしょう。

 

特に最近では婚約指輪を選びやすいと感じる理由があります。それは結婚指輪とセットリングになっている商品が増えてきていることです。結婚指輪と婚約指輪は別のものと考えている人が多く、違うメーカーでそろえる人もいます。しかし最近では同じメーカーで婚約指輪と結婚指輪を選ぶことで、統一感や高いデザイン性が見た目で分かります。アームの部分のカーブなどがきれいに一致するため、一瞬見ただけでは重ね付けしているようにみえないものも多いです。セットリングにすることで一番のメリットは婚約指輪の使用頻度が高くなるということです。加工の仕方も同じで購入後の手入れも一か所でできるためとても管理しやすいです。

16年10月3日     0 Comments

同じメーカーで揃える

婚約指輪や婚約指輪を選ぶ際にどこでどう選んだらいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。百貨店のアクセサリーブランドやブライダルジュエリー専門店、インターネットなどいろんな選択肢があります。ブライダル雑誌や口コミなどを参考にして選ぶ人もいるでしょう。婚約指輪を扱っているお店では、結婚指輪も一緒に扱っている場合も多いです。そのため同じお店で揃えて購入する人が増えています。

 

また婚約指輪を購入した後に結婚指輪の購入の案内が来ることが多いです。ほかのお店で購入するよりも割引などもありお得に購入することができます。同じお店で扱っているものだからこそ使っている素材やデザイン性なども似ています。最近では婚約指輪と結婚指輪がセットリングになっているデザインもあります。一緒に身につけることでほかの指輪にはない一体感があります。ぴったりと合うためはめていて違和感がなく、身につけやすいという意見も多いです。

 

特にⅤのようなくぼみが真ん中にあるデザインは同じメーカーでなければ、きれいにヒットすることはまず難しいです。さらに婚約指輪と結婚指輪を一緒にはめることで一つのデザインになるようなセットリングもあり、思い出深い両方の指輪をずっと大事に身につけることができます。

16年10月2日     0 Comments

婚約指輪と結婚指輪

結婚を前提に交際しているカップルにとって、記念になるのが婚約指輪と結婚指輪です。結婚指輪は結婚式の時に指輪の交換をし、一生身につけていく指輪になります。そして婚約指輪に関しては、プロポーズをする際に一緒に渡す人がほとんどです。婚約指輪は結婚式までの間身につけるもので、結婚指輪を同じく左手の薬指に身につけます。そのため近いうちに結婚を控えている女性という象徴でもあります。

 

婚約指輪は結婚指輪に比べると身につけている期間が短いです。長い人で1年から2年ぐらいの間で、短い人であれば半年から3か月程度という人もいます。期間が短いからもったいなくて購入するのをやめるというカップルもいます。しかし最近では結婚指輪と婚約指輪がセットリングのようになっている商品がとても増えています。結婚指輪と重ね付けをすることが出来るため、婚約指輪を身につけやすくなります。普段は結婚指輪だけでもお出かけの時やお祝いの席、記念日の時などは婚約指輪を一緒に身につけることで華やかさが出てきます。どうしても婚約指輪はタンスの中にしまいがちになってしまいますが、セットリングだからこそ、頻繁に身につけやすくなります。

 

婚約指輪は特に高価なものなので、プレゼントした男性側にとってはタンスの中にしまいっぱなしではさみしいと感じる人も多いでしょう。身につける頻度が多ければプレゼントした側も大事にしてくれているという実感が持てるため、喜んでもらうことができます。セットリングは同じブランドやメーカーで販売されていることが多いです。

16年10月1日     0 Comments